「有松に摩訶不思議な染物あり」

有松の絞り染めの歴史は四百年前に遡ります。

江戸と京都を結ぶ東海道に生まれた有松の町は
文化、経済、人を結ぶ交差点となっていました。

時代を重ね培われた絞り染めの技法は
世界一の数と多様性を誇り
その伝統は「絞る」「染める」の
たった二つの手仕事に託されました。

私たちは今
その伝統の魅力を呼び覚まし
現代的なアート ・ 工芸 ・ デザインの間を
一枚の布で「和える」。

えも言われぬその美しい
「有松絞染の粋」を表現し、世界へ届けたい。

その思いから『有松絞染』と名を新たに掲げ
このプロジェクトを始動しました。